50代の平均年収|年収アップの方法

50代 平均年収

50代(50歳~59歳)の平均年収はいくらなのかを調べてみました。

※「平均年収の意味ってよくわからない」という人は、以下のページでまとめていますので、まずはそちらをご覧いただければと思います。

⇒平均年収とは?

以下でご紹介する統計データは、国税庁が毎年集計している「民間給与実態調査」の数値を引用したものです。同調査は、民間事業所が対象であり、公務員などの給与情報は反映されていません。また、平均年収は「1年を通じて勤務した給与所得者」を対象としています。

50代前半の平均年収【最新】

政府の統計によると、2013年12月31日時点で50代前半(50歳~54歳)の給与所得者数は約502万人と、前年よりも23.4万人増加しています。

50代前半 給与所得者数

日本における50代前半の人口が約773万人ですので、割合としてその65%の人たちが就職し、給与を受け取っているということになります。

50代前半の平均年収については、前年よりも6.9万円増加の約491万円となっています。

50代後半 給与所得者数

50代前半 平均年収の推移

では、50代前半の平均年収はここ数年、どのように推移しているのかについて見てみたいと思います。

1999年には、50代前半の平均年収は552万円でしたが、年々減少が続き2004年には503万円まで落ちています。その後はしばらく横ばいの状態が続きますが、2009年には478万円まで一気に減少し、翌年には494万円まで回復するも2013年では491万円に留まっています。

50代前半 平均年収 給与所得者数 推移 グラフ

50代後半の平均年収【最新】

政府の統計によると、2013年12月31日時点で50代後半(55歳~59歳)の給与所得者数は約466万人と、前年よりも14万人増加しています。

50代後半 給与所得者数

日本における50代後半の人口が約772万人ですので、割合としてその60%の人たちが就職し、給与を受け取っているということになります。

50代後半の平均年収については、前年よりも9.5万円増加の約485万円となっています。

50代後半 平均年収

50代後半 平均年収の推移

では、50代後半の平均年収はここ数年、どのように推移しているのかについて見てみたいと思います。

1999年には、50代後半の平均年収は547万円でしたが、50代前半同様、年々減少していき、2009年には457万円まで下がっています。2011年までは横ばいの状態で推移していましたが、2012年には476万円、2013年には485万円と近年では増加傾向にあります。

50代後半 平均年収 給与所得者数 推移 グラフ

50代前半と50代後半の比較

50代前半と50代後半とでは、他の年代とは違い、年齢層の低い50代前半の方が後半に比べて平均年収の金額が高くなっています。1999年から2005年にかけては、50代前半と後半の差は1ケタ代で、50代後半の方が年収が高かったときもありましたが、2006年以降、50代前半の年収が高くなっており、その差も10~40万円の開きができています。しかし、2012年・2013年はその差が1ケタ代まで縮まっています。

50代 前半 後半 平均年収 比較 グラフ

50代前半で高年収の業種は?

民間事業所に勤務している、50代前半の高収入ランキングを、業種別に下表にまとめてみました。

順位業種平均年収給与所得者数
[割合]
1電気・ガス・熱供給・水道業867.4万円3.3万人[0.7%]
2情報通信業781.1万円13.3万人[2.7%]
3金融・保険業703.8万円18.3万人[3.6%]
4製造業580.2万円108万人[21.5%]
5学術研究、専門・技術サービス、教育、学習支援業576.4万円19.4万人[3.9%]
6複合サービス事業499.7万円9.3万人[1.9%]
7建設業493.2万円42.1万人[8.4%]
8運輸業、郵便業477.5万円37.4万人[7.5%]
9不動産業、物品賃貸業446.8万円11.5万人[2.3%]
10医療,福祉441.8万円66.7万人[13.3%]
11卸売・小売業419.1万円88.7万人[17.7%]
12サービス業400.9万円63万人[12.5%]
13農林水産・鉱業331.0万円4.7万人[0.9%]
14宿泊業、飲食サービス業281.4万円16.1万人[3.2%]

50代後半で高年収の業種は?

続いて、民間事業所に勤務している、50代後半の高収入ランキングを、業種別に下表にまとめてみました。

順位業種平均年収給与所得者数
[割合]
1電気・ガス・熱供給・水道業829.2万円2.3万人[0.5%]
2情報通信業796.8万円9.2万人[2.0%]
3金融・保険業691.6万円13.9万人[3.0%]
4学術研究、専門・技術サービス、教育、学習支援業611.7万円18.8万人[4.0%]
5製造業564.9万円99.5万人[21.4%]
6建設業505.6万円44.1万人[9.5%]
7複合サービス事業480.7万円8.9万人[1.9%]
8不動産業、物品賃貸業474.3万円11.5万人[2.5%]
9運輸業、郵便業470.0万円36.8万人[7.9%]
10医療,福祉461.4万円55.3万人[11.9%]
11卸売・小売業422.3万円80.6万人[17.3%]
12サービス業379.9万円62.6万人[13.4%]
13農林水産・鉱業356.5万円6.8万人[1.5%]
14宿泊業、飲食サービス業283.8万円15.2万人[3.3%]

コメント

タイトルとURLをコピーしました