10代の平均年収|年収アップの方法

10代 平均年収

日本の10代平均年収はいくらなのかを調べてみました。

※「平均年収の意味ってよくわからない」という人は、以下のページでまとめていますので、まずはそちらをご覧いただければと思います。

⇒平均年収とは?

以下でご紹介する統計データは、国税庁が毎年集計している「民間給与実態調査」の数値を引用したものです。同調査は、民間事業所が対象であり、公務員などの給与情報は反映されていません。また、平均年収は「1年を通じて勤務した給与所得者」を対象としています。

10代の平均年収【最新】

政府の統計によると、2013年12月31日時点で10代の給与所得者数は約22万人と、前年よりも3.7万人増加しています。

10代 給与所得者数

日本における10代後半の人口が約606万人ですので、19歳以下の給与所得者数が15~19歳で占められていると仮定した場合、割合としてその4%の人たちが就職し、給与を受け取っているということになります。

10代の平均年収については、前年よりも0.5万円増加の約126万円となっています。

10代 平均年収

10代 平均年収の推移

では、10代の平均年収はここ数年、どのように推移しているのかについて見てみたいと思います。

1999年には、10代の平均年収は171万円でしたが、年々減少していき、2001年には147万円、2009年には129万円となっています。翌年には136万円に増加したものの、2012・2013年は126万円となっています。

10代 平均年収 給与所得者数 推移 グラフ

10代で高年収だといくらくらい?

10代の給与所得者で、最も多い就職先の業種としては、「宿泊業・飲食サービス業」となっており、割合としては35%を占めています。ホテル業や外食産業などがそれに該当しますね。

しかし、10代で同業種に勤めている人の平均年収は100万円以下と、業種別ランキングでは最も低くなっています。

それでは、最も高い平均年収を誇っている業種は何なのか?

もちろん、芸能関係などで成功した人など、上には上がいますが、ここでは一般的な職業として、10代で最も高収入な業種をランキング形式で紹介したいと思います。

順位業種平均年収給与所得者数
[割合]
1電気・ガス・熱供給・水道業305.5万円779人[0.4%]
2製造業239.4万円24,374人[11.3%]
3農林水産・鉱業233.6万円974人[0.5%]
4医療・福祉223.7万円4,331人[2.0%]
5建設業217.6万円16,761人[7.8%]
6運輸業・郵便業207.8万円3,790人[1.8%]
7金融・保険業200.7万円635人[0.3%]
8情報通信業171.3万円342人[0.2%]
9複合サービス事業151.2万円1,719人[0.8%]
10サービス業140.3万円14,990人[6.9%]

コメント

タイトルとURLをコピーしました