みんなの給料

いろんな職業・年代の人の年収・月収・ボーナスがいくらかは気になりますよね♪みんなの給料に関する情報をまとめてみました。

平均年収 年収 手取り

30代の平均年収|手取りはいくら?

投稿日:

30代 平均年収 手取り

30代の年収別の手取りを調べてみました!

『年収』というのは、税金等が引かれる前の収入になります。

『手取り』は年収から税金等を差し引いた、実際に受け取る額です。

なぜ、手取りではなく年収という言葉を使うのかというと、税金等によって手取りは個々で不均衡なことが多いためです。

保険や税金の影響で簡単に一概にとは言えませんが、平均の年収と手取りを検証したいと思います!

スポンサーリンク

年収1000万円の手取り

年収1000万円の人の手取りは大体700~800万円です。

全体の中で年収1000万円以上もらえる人は3~4%になります。
かなり少ないですね・・・

スポンサーリンク

年収800万円の手取り

年収800万円の人の手取りは大体500~600万円です。

所得税で250万円ほど引かれる計算になります。

この金額でボーナスがない場合、月々の手取りは40万円程度です。

スポンサーリンク

年収600万円の手取り

年収600万円の人の手取りは400~450万円です。

所得税で100万円ほど引かれる計算になります。

年収が600万円だと600万円以上の人より税金が安くなるため、稼ぐなら600万円程度がいいのではないかとよく言われています。

年収400万円の手取り

年収400万円の人の手取りは280~300万円です。

年収400万円程度の人は全体の20パーセントほどになります。

年収300万円の手取り

年収300万円の人の手取りは200~250万円です。

全体の中で一番多いのがこの年収300万円台で、全体の20~30パーセントを占めています。

20代後半から30代の方はこのぐらいの年収が一般的です。

年収500~600万円程度の年収のほうが税金も安定する?

年収1000万円超えの人はそうそういませんが、2000万円の年収をもらっていると税金で800万円近く引かれ、手取りは1200万円となります。

年収が上がるほど税金も増えていくという累進課税です。

500~600万円程度の年収だと、税金も年に100万円ほどになります。

その場合、手取りが400万円程度となってしまいますが、それなりに安定して生活できる年収ではないでしょうか?

子供手当や扶養控除等も含めれば手取りも上がるので450万円程度になったりもします。

年収によって手取りは異なりますが、ある一定の線を越えた時に税金が一気に上がる!ということもあるので、その点に気を付けて給料交渉をするのもいいかもしれません。

年収2000万円の手取り

年収2000万円の人の手取りは1200万円です。

手取りで1000万円を超えるには、最低でも年収1500円が目安となります。

このくらいの年収となるのが外資系の管理職や金融系管理職。大手企業の部長クラスの年収となります。

年収の推移

30代前半(男性)の平均年収推移を見てみると、だんだん下がっています。

年収は下がる一方ですが、物価は上がり、税金は増え、これから結婚、出産、子育て、介護等で出費が増えていくとなると・・・

なかなか厳しい時代となっています。

30代の家庭の生活費

家庭を持つ30代の大まかな生活費を出してみました。

手取り:28万5千円(30代平均額)
家族:4人

〈生活費〉
食費:6万円
光熱費:1万7千円
水道代:7千円
通信費:2万円
保険・医療費:3万円
日用雑貨:5千円
ガソリン代:5千円
合計:14万4千円

ここからさらに家賃やローンがかかれば10万円前後はかかると思いますので、そうなると

支出の合計が
24万4千円

月収の28万5千円から24万4千円を引くと、残りは4万1千円しかなくなってしまいます・・・

そこから娯楽費用や交際費、貯金を・・・・となると、ほとんど何もできませんね。

余裕のある生活はかなり厳しそうです。。

収入を増やすためには…

食費、電気代、保険料支出等を見直し、支出を減らすよう工夫すれば何とかなるかもしれませんがかなり大変です。

できないことが増えていくためストレスも溜まってしまう恐れもあります。

さて、どうしましょう・・・?

減らすことが難しいのであれば、収入を増やすしかありません。

会社勤めだけではなかなか難しいですが、『副業』という方法があります。

肉体労働のような副業バイトは、働きながらだとなかなか厳しい面が多いですが、クラウドソーシングを活用したウェブライターなどのネット副業や、株やFXといった投資などは、上手くやれば、会社に勤めながら、こっそりと取り組むこともできます。

今の収入に満足できていない場合は、自分にあった副業で収入アップを目指してみてはいかがでしょうか?

-平均年収, 年収, 手取り

Copyright© みんなの給料 , 2018 All Rights Reserved.